医療法人深慈会

ひかり病児保育園 | Hikari Nursery

専門スタッフが、
病中、病後のお子様を
お預かりします。

hikari

ひかり病児保育園

コンセプト、理念等

コンセプト、理念

コンセプト、理念等

ひかり病児保育園は、急病などで一般の教育施設
(保育園、幼稚園、小学校など)で過ごすことができない急性期または
病気回復期のお子様をお預かりする子育て支援施設です。
仕事や家族の都合で子どもの看病ができない方の代わりに、
看護師や専門の保育士がお子様の一日をしっかりと見守ります。
万が一の容態の変化にも、併設するクリニックの医師が
診察にあたりますのでご安心ください。

ひかりのポリシー

ひかりのポリシー

ひとりひとりに手厚いケアを

ひとりひとりに手厚いケアを

看護と保育の一体化

看護と保育の一体化

利用して良かったと思える保育園づくり

利用して良かったと
思える保育園づくり

ひかり病児保育園のあゆみ

ひかり病児保育園のあゆみ

福井県で初めての病児保育施設

ひかり病児保育園が開園したのは1999年。当時はまだ全国的にも病児保育施設は数えるほどしかなく、病児保育とはなにかを少しずつお話することで、ようやく地域の方にもご理解をいただけるようになりました。父母の会や共済会のニーズから自然発生的に始まったもの、当園のように計画的に開設されたもの、母体が医療施設や乳児院であるものなど開設目的も形態もさまざまですが、やむをえない理由で病気のお子様を看病できない親を支援するという意図が根底にあることには変わりありません。昔とは文化も環境も労働条件も異なる複雑な現代社会において、病児を親の代わりに看る「病児保育」への理解を深めて育てていくことが、私たちの使命であると考えています。

福井県で初めての病児保育施設
独自の危機管理システムの構築

独自の危機管理システムの構築

女性の社会進出が進む中、全国では子育て支援施設のひとつである病児保育施設が次々と設立されるようになりました。しかし、現状では各施設のモラルや自治体(保健所)の指導下で設立されており、そのプロセスを示す手本がないというのが実情です。このような状況下で警戒すべきことは、コスト削減に特化した設備不十分な新施設が事故を起こし、それによって病児保育全体の信頼が下がることです。そこで私たちは、これから病児保育施設を設立しようと考えている方たちのために、独自の危機管理システムを作り上げ、実際に全国の病児保育施設でも導入されています。

勝山市は子育て支援トップクラス!

「子育て支援日本一」を目指してさまざまな支援を行なっている勝山市は、全国的にも育児支援サービスが充実しているまちです。学童保育の無料化をはじめ、ここまで手厚くしている自治体は少ないのが日本の現状です。これはさまざまな分野のプロフェッショナルの方たちが手と手を取り合って、お子様を地域で守り育てる風習が根付いているからにほかなりません。とくに注目したいのが、育児支援センターの存在です。お母さん同士が子育ての悩みや楽しさを共有できる地域子育て支援センター「カンガルーのお部屋」や、育児コンシェルジュが在籍する福祉健康センター「すこやか」など、私たちはこれらの素晴らしい施設の架け橋となり、つなげていきたいと思っております。

勝山市は子育て支援トップクラス!
西川福井県知事も来園されました

西川福井県知事も来園されました

2004年にはひかり病児保育園にて「座ぶとん集会」が開催されました。座ぶとん集会は、西川一誠福井県知事が「県民の生の声を聞いてそれを県政に反映させる」という目的で定期開催していたもので、当時「福井県下に病児保育施設を設置する」といった項目をマニフェストとして掲げていた西川知事からの「今後の病児保育事業を推進のため、ぜひ病児保育の現実を聞かせて欲しい」という強い要望で実現しました。このときの会話がきっかけとなり福井県に病児保育の輪が広がり、ひかり病児保育園には全国から病児保育に関心のある行政関係者や医療従事者など多くの方が視察に訪れました。

お知らせ
お知らせ

現在お知らせはございません。

ページトップへ